痛ましいほど楽園

就留女のたのしい毎日

意味の旅

 

北信州に来ています。

 

栗と北斎の町・小布施に寄り道してから、メインは湯田中渋温泉

f:id:umkcc:20170605212530j:image

 

f:id:umkcc:20170605213046j:image 

 

温泉街って、昼と夜でぜんぜん違う顔をするので好きです。

 

コンセプトは、「無意味をたくさん吸い込んで帰る」です。

移動中、音楽聴こうか本読もうか景色を見ようか迷ってるうちに寝ちゃう、みたいな。

ぼーっとしてるうちに終わってるような旅がしたくて。

 

ひとりでする旅のメリットをずっと考えてたんだけれど、一番は「行動に意味がいらないこと」だと思う。

理由なく道を選んで、意味なく引き返しても誰にも突っ込まれない。

長野まで来てわざわざ昼食にイタリアンを選んでも、何も言われない。

「なんで今?」ってタイミングでビールを飲みだしてもいい。

30分くらいぼーっと蛍を眺めていても誰にも急かされないし。

 

意味から解放されるのって、すごく贅沢なことだなあと思う。

 

明日東京に帰ります。