痛ましいほど楽園

就留女のたのしい毎日

そうだ、ピアス開けよう

 

そうだ、ピアス開けよう。

 

ふと思った。

 

 

 

年内最後の授業で、先生に呼び出されて

「もう5回も欠席してるようなので、レポートと発表でかなり頑張らないと厳しい」

と言われる。

1マス戻る。

 

バイト先のチョコレート屋は繁忙期で、時給は上がらないのに仕事だけが増える。

一回休み。

 

もらったケーキを食べたら、今年一番の胸やけで吐きかける。

3マス戻る。

 

「彼女はいない」と言っていた男に、実は彼女がいた。

ふりだしに戻る。

 

 

つらい。

シンプルにつらすぎる。

 

 

そうだ、ピアスを開けよう。

左右ひとつずつ、すでに開いてるから、右にもうひとつ開けよう。

ショートヘアを耳にかけて、小さなピアスをふたつ、チラリと見せよう。

一日に何マスも戻ってるようには見えない、気が強くていい女になろう。

 

 

思えば、最初にピアスを開けてから、もう7年。

あれは15の時だった。

高校に入る前に、友達と「開けようぜ」とか言って。

 

整形して目を二重にしたのも、15の時だった。

目が一週間腫れて、同窓会に出れなかった。

 

コンタクトを入れ始めたのも、15の時。

全然入らなくて、眼科で2時間も粘った。

 

あの時は、なりふり構わず、変わりたかったんだと思う。

 

痛いかもとか、怖いとか、そんなリスクも目に入らないほど、ありありと思春期だった。

あざやかで、強烈なエネルギーだった。

 

公立中学校のダサい制服も、イモいすっぴんも、こんなの本当の私じゃない、と思って、私服の高校に進んだ。

15歳なりに、下手な化粧もたくさんしたし、変なコーデもたくさんあった。

ピンクのカーディガンで高校に通ったし、スクールバッグにはアホみたいにデカいダッフィーをつけてた。

 

しょーもないやり方でしかなかったけど、それでも私は、15の私に憧れる。

 

7年経ってどうなのかといえば、変わりたいとは願いつつ、痛いのは嫌だし、膿んだら怖い。

お金も貯めなきゃいけないし、今あるもので生きていけないわけじゃない。

 

あー、おとなだ。

 

22歳だから無茶はできない。

重すぎるケーキを食べれば胸やけするし、時給が上がらなくてもバイトは辞められない。

 

 

 

ヤケになってピアスを開けたりする行為。

世間的には望ましくないとされていますが、私は必要だと思うんです。

ピアスを開けたり、断捨離をしたり、現状を変えるための「少し傷つくこと、身を切ること」って、少なからずヤケクソな気持ちにならないとできないんです。

 

ヒステリックで、やりきれない。

そんな気持ちでなければ、踏み出せないこと。

毎日がそれなりに満足で、つらいこととしあわせなことのバランスが取れている生活ならば、必要のないこと。

ヤケクソのエネルギーに賭けてみる。

 

 

「明日、ピアスを開ける」と決めた。

1マス進む。