読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛ましいほど楽園

就留女のたのしい毎日

息ができないほど

 

息もできないほど寂しい夜、ありませんか?

 

吸っても吸っても苦しくて、深呼吸なんかとっくにできなくて、このまま心臓が潰れて死んでしまうんじゃないかって思うくらい、寂しくてやるせない夜がある。

たぶん、誰にでもある。

別に毎日なわけじゃないし、大人だし。

わざわざ人には言わないけど。

だって、「寂しい」なんて、感情のうちでもっとも陳腐なんじゃないの。

 

まあとにかく、そんな夜には、「みんなも息ができないほど寂しいこと、あるのかな……」なんて思って、ググってみたりする。

 

それで、この間「息ができないほど」まで入力したら、予測変換に

「息ができないほど 腰が痛い」

って出てきた。

 

もう完全に持ってかれた。

だって、めちゃくちゃ可哀想じゃん、息もできないほど腰が痛い人。

わたしの寂しさとか本当にちっぽけだよ。

だって実際、息できるもん。

わたしの言う「息ができない」はあくまで比喩でさ。

でも腰が痛い人の「息ができない」はマジでできないんだよ、たぶん。

腰痛いの超つらいもんね。

もうね、わたしの寂しさとか超どうでもいい。

わたしも寂しいくらいで「息ができない」とか言ってらんない。

息ができないくらい腰が痛い人に比べたら、ほんと、全然大丈夫。

まだまだやれる。

どこも痛くないし。

すげー健康。

息ができないほど腰が痛くなくてよかったー!

腰が痛くないこと幸福を噛み締めてるうちに、もう寂しさとかわりとどうでもよくなっちゃった。

息ができないほど腰が痛い、どこかの誰かにすっかり気を取られている。

 

不思議なことに、もう「息ができないほど」でググっても、予測変換に「腰が痛い」は出てこない。

死にそうなほど寂しかった私の気を散らすためにGoogleが用意した、優しい予測変換か?なんて思わなくもない。

寂しくなった夜には、「息ができないほど腰が痛い」どこかの誰かのことを考える。

「早く良くなるといいね。

痛いとこばっかだけど、気張って息吸って生きていこうぜ」と。