痛ましいほど楽園

就留女のたのしい毎日

傷は浅いぞ

 

 

はじめて、お酒を飲みながら泣いた。

何かを飲み込みながら、何かを吐き出すのは、最悪の気分だ。

食事と涙は同居させてはならない。

そんなの、生きたいのか死にたいのか、わからない。

 

 

数日前のこと。

エンターテイメントの名の下に、「俳優」の名の下に、舞台上の神聖性と演出家の拘束力のもとに、心のやわらかいところに食い込むような、悪趣味で軽薄な芝居をやらされた。

私はもう俳優ですらない。

劇団はとっくに辞めた。

舞台上の緊張感とか演出家のクラップとか、そんな魔法はもう切れた。

すでに舞台人じゃない私にとっては、ただ悪趣味な空間だった。

 

反射的に涙が出るような、心のやわらかい部分は再びひりひりして、痛い。

何百回も人に「語る」ことで少しずつ前を向こうと積み重ねてきた、地道で途方もない時間は、エンターテイメントの名をした暴力の前に無力だった。

くやしい。不愉快だった。

代替可能な俳優としてでなく、顔と名前のある、代替不可能な個人として、「やめてよ!」って言えたらよかった。

あるいは、「なんでもやります!芝居のためなら何をやっても痛くはないです!」って言えないなら、舞台に上がるんじゃなかった。

 

 

最低だったけど、もっと最低なのは今の気分だから、もう二度と、酒を飲みながら泣かないと決めた。

生きたいのか死にたいのか体が混乱して、内臓がぐるぐるする。


私は明日生きるために食べるし、今生きるために飲む。

 

人の痛みを軽んじないでほしいけど、傷ついてるからって見くびらないでほしいのもまた事実。

安い弱みじゃないから、その場では泣かなかったんだよ。

こんな夜をいくつ泣きながら越えてきたと思ってるんだ。

これからも、いくつでも越えていくだろう。

傷ついたり傷つけたり、選んだり選ばれなかったりしながら。

生きてきたし、生きていく。

 

泣いて痛くて苦しくて寝れない夜でも、まだ負けてない。

傷は浅いぞ。