読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛ましいほど楽園

就留女のたのしい毎日

希死念慮と完全犯罪

 

雪が嫌いとか、お腹が痛いとか、そんなくだらないことでは泣けるけど、泣くことでしか癒されないような傷を負ったとき、本当に泣くべき場面で私は泣けない。

 

チャチな嘘をつかれて、ヘラヘラ謝られたようなときにこそ、わんわん泣けたらいいのにと思う。

 

でも、これは私の数少ない美点なんだけれど、「死にたい」と思うことがほとんどない。

「死にたい」より「絶対殺す」が先行する。

 

昨日も、男にチャチな嘘をつかれて傷ついたけれど、「死にたい」とか「私には価値がない」とは一切思わなかった。

 

まずは「人を殺す バレない」

「完全犯罪 方法」

で検索。

そして、完全犯罪を手伝ってくれる彼氏が欲しい、と思った。

屈強で、成人男性ひとりを運べて、IQ150くらいあって完全犯罪のトリックを思いつけて、さらにサイコパス気質の彼氏が必要だ。 

どこで探せばいいの?相席屋?

 

嘘をついた男をとりあえず倫理で殴ってみたけれど、嘘をつくような人間は倫理で殴られてもちっとも痛みを感じないから、物理で殴るしかない。

倫理は無力だ。

誰のもとにも平等なのは、死と時間だけ。

私だって人を殴りたいわけじゃないけど、痛みしか通じない人もいる。

たまたまアイスピックなどを持っていたら、多分刺していただろうから、アイスピックを常備してなくて本当に良かった。

 

「じゃあ、今から俺、本気で謝るから、電話切らないで」

というヘラヘラした声を思い出すだけで、心がマッチョになる。

闘争心と殺意の塊だ。

スタンドが発現してもおかしくないんじゃないか?

今の私は、矢で刺されても死なずにスタンドを発現させる自信がある。

ちなみに私は、ザ・ワールドが欲しい。

ザ・ワールドで小銭を盗んで暮らしたい。

もし私にスタンドがあったら、私に嘘をつく男は残らず殺してしまっていただろうから、私にスタンドがなくて本当に良かった。

 

 

と、思ってはいるけれど、本当はわんわん泣いてしまいたいのもまた事実。

涙も出ないだけで。

この際めちゃめちゃに汗をかくとか、映画を見て泣くとかでも十分な気がする。

週末が来たら、とっておきの海外ドラマで泣こうと思う。

「あいつのせいで泣いてるんじゃない」という虚勢で自分を甘やかして、目が開かなくなるくらい泣こう。

 

週末の予定ができて嬉しい。

これだって、虚勢でしかないけれど。