読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛ましいほど楽園

就留女のたのしい毎日

ヒリヒリと

毎日のこと

1年とか2年前は、「幸せになりたい」と鮮烈に願っていた気がする。

 

こんな夜に思い至るのは、最近は「幸せになりたい」と思うことすらなくなったな、ということ。

あまり幸の薄そうなことは言いたくないけど。

思うのはただ、遠くへ行きたいということ。

台湾あたりに連れてってよ。

拐うように、誰か。

 

わかっているのです。

そんな「誰か」はいないということは。

「誰か」も「いつか」も訪れず、あるのはこの夜だけだということも。

私は、この身体と、この心だけで、どんな夜も越えていかなければならないということも。

 

浅ましい予防線は張りたくない。

たったひとつの身を晒して、傷つきながら、生きていきたい。

他人に消費されずに生きていくことはできない。

悪魔のような人は案外どこにでもいる。

不当に傷つけられることもあるし、自分をまったく大切にできない日もある。

それでも、「身を削らない人は面白くないし、傷ついてない人は可愛くない」が私のモットーです。

ボロボロの夜に私を救うのは、「ちゃんと傷ついている人は可愛い」という私自身の思想です。

傷にだって価値はある。

 

ただ、丁寧に生きたい。